宝石は人の心を引きつける

宝石は女性なら憧れる存在でしょう。

身につける事であぜやかに彩る宝石は

女性の魅力を引き立たせるツールでもあります。

しかし、目が肥えてしまう事で身に着ける宝石が

大きくなっていけば欲が膨らみ、

男性がギャンブルに浪費する様に、

女性は自分を引き立たせるように宝飾品にかけては随分浪費しがちです。

一人暮らしならただの自分だけの責任になり、

倹約家ならそのような事に浪費はしませんが、

良く儲ける夫を持つと金銭感覚がずれてしまい、

あっと言う間に家計を蝕む要因になりかねないのです。

一生懸命に働いた利益も、

底を付くほど使ってしまえば、大変な事になります。

宝石を買い取ってもらう事で換金できても、

一度着た服はどんなブランドであろうが古着の場合値が低いのです。

その影に隠れているのは

「買い物依存症」

理性に歯止めが掛からない状態であっても

家計が苦しいとわかっていても買ってしまう。

宝石は人の心を引きつけると同時に、人の心を操る力を持っています。

人は操る立場でいても宝石に心までも操られてはいけません。

「買い物でしかストレスが発散できない」こんな方は要注意ですよ。

オパール宝石の事件

家のドアフォンにはいつも注意が必要だ。高齢者を狙う「押しかけ詐欺」
その被害に遭ってしまったのjは私の祖母、あっという間の高級な宝石を買わされた。

何せ独居老人、老いた母親を放っておいたツケが回ってきた。「早く長男が引き取ってやればこんな事にはならなかったのにと言ってももう遅し、
クールオフも出来ずただ溜息が絶えない。手口としては息子らしい名前を名乗って相手は家に強引に入り、宝石を閲覧させたと言う。

「誰ですか何の用ですか」ですかと言う人がいればいいが言えず逆に普段が寂しいので招き入れてしまう。
老人の心理を読み解き、行動するとはまさしく盲点と言うしかない。

母親はオパールの宝石を買取った。容易に印鑑までも押させた犯人たちは今どうしてるのか?
宝石の請求金額の振込金の未納の知らせが長男に届き、大変な事態になっていることが明らかになった。

オパールの宝石を3つ買い取り、金額は60万、相手は母親が初期の認知症者であることが
わかっていて狙ったと言う、犯人は逮捕され60万の大金は払わなくてよくなった。「あまりにも卑劣な犯行」として余罪も自供したという。